お知らせ

News

職員の新型コロナウイルス感染について(11月6日②)

2020/11/06

2020 年 11 月 6 日

職員の新型コロナウイルス感染について

2020年11月4日(水)、職員の新型コロナウイルス感染が確認されました。当該職員は味覚異常等の症状を呈し、
当院発熱外来にてPCR検査を行ったところ陽性と診断されたため、当院はこれを南部保健所に届け出ました。
当該職員は現在、ホテルで療養しています。

これに伴い、当該職員が勤務した施設・設備を消毒すると同時に、当該職員と濃厚接触のあった職員5名と
患者さん2名についてPCR検査を行い、全員の陰性を確認いたしました。さらに当該職員と同じ職場にいた
職員35名、患者さん11名についてもPCR検査を行い、本日までに46名の陰性、1名の陽性を確認いたしました。
陽性と診断された1名につきましては当該職員との濃厚接触がなく、現在感染経路を調査中です。
さらに、当該職員が勤務した箇所への出入りがあった職員3名についても明日PCR検査を行う予定です。

今回の事案に関係して現在までに院内感染を疑わせる症状を呈している者がいないことから、
当院は患者さんの受け入れや診療体制を通常通り継続いたします。また今後のPCR検査結果等を受けた
新たな対応等につきましても、県・保健所等関係先との連携のもと、ホームページや沖縄県を通じて
必要な情報開示に努めてまいります。

通常の医療活動への支障を避けるため、
本事案に関する当院への直接のお問い合せはご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

社会医療法人友愛会
友愛医療センター
院長 新崎 修