お知らせ

News

職員の新型コロナウイルス感染について

2020/10/06

2020 年 10 月 6 日

職員の新型コロナウイルス感染について

2020 年 10 月 1 日、当院職員の新型コロナウイルス感染が確認されました。当該職員に自覚症状はありませんでしたが、新型コロナウイルス病棟の職員に対して当院が独自に行っている定期的な PCR 検査で陽性と診断されたため、これを南部保健所に届け出ました。当該職員には自覚症状がなく、現在は沖縄県の宿泊療養施設で健康観察を行っています。

この結果を受け、当院は当該職員が勤務した病棟を即日消毒すると同時に、当該職員との濃厚接触が疑われる職員 1 名と、同病棟に勤務する 18名の職員について PCR 検査を行い、全員の陰性を確認いたしております。

なお、今回新型コロナウイルス陽性と診断された職員は一般の外来・入院患者さんとの接触がなかったこと、また濃厚接触が疑われる職員および同病棟に勤務する職員全員が PCR検査陰性であったことから、当院は患者さんの受け入れや診療体制をこれまで通り継続してまいります。

県・保健所等関係先との連携のもと、当院は今後とも新型コロナウイルス治療および感染拡大の防止に取り組むと同時に、ホームページや沖縄県を通じた適切な情報開示に努めてまいります。

通常の医療活動への支障を避けるため、本事案に関する当院への直接のお問い合せはご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

 

社会医療法人 友愛会
友愛医療センター 院長 新崎修