乳腺外科

診療科・部門

乳腺外科

乳腺外科について

概要

当院における乳腺診療は、「乳がんを美しく治す」を目標に、2次検診・診断・治療(手術、抗がん剤、ホルモン治療)を行っています。また診療においては、乳がんに限らず、乳腺の良性疾患(良性腫瘍、乳腺炎等)にも幅広く対応しています。

さらには他院で定期検査あるいは加療してこられた方に対する検査、治療の引継ぎも承っています。

また、受診者の中には、他の病気を患っている方もいます。総合病院のメリットを活かし必要な診療科と連携し、より安全な医療の提供を心がけています。

診断

乳腺外来では乳腺専門医による視触診、マンモグラフィ、超音波を中心に診療を行います。マンモグラフィや超音波での診断が難しい場合、ハイリスクの方には乳房MRIも併用した診療を行っています。

最終的に乳がんの診断には針生検(組織検査)が必要です。超音波で確認できる病変は、超音波下針生検を行います。当院では、受診当日中に、マンモグラフィ、超音波から診察、結果説明を行い、可能な限り当日に生検まで施行し、早期に診断をさせていただくよう取り組んでいます。

また当院ではマンモグラフィでしか確認できない病変(石灰化病変)に対して施行する診断法である、ステレオマンモトーム検査にも対応しています。さらには、乳房MRIでしか発見できない乳がんも存在します。MRI発見乳がんの診断はMRIガイド下針生検が必要となりますが、県内では当施設のみが行っています。

治療(手術等)

当院では小さな傷で行う乳がん内視鏡手術を積極的に行っています。内視鏡手術では乳輪と腋窩(わき)の切開から乳房温存術または全摘術を行います。

近年、人工乳房(インプラント)による乳房再建が保険適用となり、乳房再建が受けやすい環境が整ってきました。現在当院では、再建ご希望の方は多施設へのご紹介を主とさせていただいています。

また、連携をしている亀田総合病院(千葉県)において、小さな乳がんに対して非切除凍結療法が積極的に行われています。凍結療法について当院でご相談いただき、亀田総合病院へご紹介させていただくことも可能です。

乳腺外科に関するお問い合わせ

休診日

電話でのお問い合わせ

受付時間

月〜金:8:30〜17:30 / 土:8:30〜12:30

休診

土:午後、日、祝祭日