脳神経外科

診療科・部門

脳神経外科

概要

「脳神経外科」領域の三大疾患は脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷です。
なかでも脳卒中は一刻を争う疾患です。当院は一次脳卒中センターとしてあらゆる脳卒中疾患に、24時間365日的確かつ迅速に対応致します。

近年、脳卒中治療のなかで脳血管内治療という分野が注目されています。この脳血管内治療の特徴は、脳卒中という恐ろしい病気を、痛みを少なく、さらに体への負担を軽く治療できるということです。それだけではなく、従来の開頭手術に脳血管内治療を加えることで、脳神経領域疾患の治療適応の幅および治療方法の選択肢が拡がり、それまでは治療困難であった疾患を治すことが可能になりました。脳動脈瘤や脳梗塞の治療は、この脳血管内治療によって大きく変わりました。特に急性期脳梗塞治療では、脳梗塞になってしまっても、早期であれば、脳血管内治療により、後遺症を残さず回復することができるようになりました。また、くも膜下出血や、脳梗塞の予防的治療として脳血管内治療があり、当院脳神経外科ではこの脳血管内治療に力を入れています。脳血管内治療設備が充実しており、さらに脳血管内治療を24時間365日迅速かつ的確に施行できるよう訓練された沢山のスタッフがいます。

治療

当院ではさまざまな脳神経疾患に対応しています。

脳血管障害

脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、もやもや病など。
当院では脳出血、くも膜下出血等に対する開頭手術のほか、脳梗塞、くも膜下出血に対する血管内手術、脳出血に対する内視鏡手術を行っております。急性期脳梗塞に対するt-PA静注療法、機械的血栓回収療法は24時間365日体制で対応しています。

脳腫瘍

良性および悪性脳腫瘍、下垂体腫瘍、転移性脳腫瘍など。2020年より放射線治療が始まり、脳腫瘍に対する集学的治療が行えるようになりました。

頭部外傷

外傷性頭蓋内出血、慢性硬膜下血腫、脳挫傷、頭蓋骨骨折など。さらに交通事故後の慢性期後遺症として注目を浴びている脳脊髄液減少症に対する硬膜外自己血パッチ療法(Epidural Blood Patch)も施行しています。

機能的疾患(顔面けいれん、三叉神経痛など)

顔面けいれんに対するボトックス注射、外科的な治療、三叉神経痛に対する薬物療法、外科的な治療を行っています。

水頭症

治せる認知症として正常圧水頭症が注目されています。脳室腹腔シャント術、腰椎腹腔シャント術が行われます。

脊椎・脊髄疾患

脊髄腫瘍、脊髄空洞症など。脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなどに対する治療は当院では整形外科が担当しています。

炎症性疾患

髄膜炎、脳膿瘍、脳炎、寄生虫などに対しては外科的に治療が必要な場合があります。

メッセージ

地域の皆様により良い脳卒中治療を提供します。「脳卒中といえば、友愛医療センター脳神経外科」どうぞよろしくお願い致します。

実績

血管内手術: 動脈瘤塞栓術(破裂動脈瘤)

22123

血管内手術: 動脈瘤塞栓術(未破裂動脈瘤)

22

血管内手術: 脳動静脈奇形

1

血管内手術: 閉塞性脳血管障害の総数

58

血管内手術:その他

20

脳血管障害: 破裂動脈瘤

566

脳血管障害: 未破裂動脈瘤

14

脳血管障害: 脳動静脈奇形

1

脳血管障害: バイパス手術

3

脳血管障害: 高血圧性脳出血(開頭血腫除去)

25

脳血管障害: 高血圧性脳出血(内視鏡下血腫除去)

3

脳血管障害:その他

15

外傷:急性硬膜下血腫、硬膜外血腫、脳挫傷

1074

外傷:慢性硬膜下血腫

64

水頭症手術

1212

脳腫瘍摘出術

1212

顔面けいれん手術

11

その他

1616

合計

304

脳神経外科の主な医療設備

検査機器

  • CT【Aquilion ONE/VISION EDITION:320列 ADCTシステム】東芝
  • CT【SOMATOM Sensation:64列】シーメンス
  • MRI【MAGNETOM Aera XJ:1.5テスラ】シーメンス
  • MRI【INTERA Achiva:1.5テスラ】フィリップス
  • RI (核医学画像診断装置)
  • PET (病院付属豊崎クリニック内)

手術環境

  • クリーンレベル100の脳神経外科・心臓血管外科専用手術室
  • 手術顕微鏡 Zwiss社製OPMI PENTERO 900
  • ナビゲーションシステム Medtronic StealthStation
  • 神経内視鏡手術システム(Olympus社製)

脳血管内治療環境

  • 血管撮影装置 Philips bi-plane Allura Xper FD20/10 with the large display
  • 血小板機能測定機  VerifyNow

脳ドックのご案内

主としてMRI(核磁気共鳴装置)検査による脳の健康相談を行っています。

お問い合わせは健康管理センターまで

0120-932-322

脳神経外科に関するお問い合わせ

休診日

電話でのお問い合わせ

受付時間

月〜金:8:30〜17:30 / 土:8:30〜12:30

休診

土:午後、日、祝祭日